ワクワークを考えるblog

もっとワークワークな世の中を! 『ヒト』と『カネ』の課題を解決する幸せ視点とお金視点のコンサルティング会社です。

【補助金】IT導入補助金が大幅に拡充されました

こんにちは、トリプルバリューの山本龍太です。

令和3年の補正予算にてIT導入補助金が大幅に拡充されました。今回のメルマガではその概要をご紹介したいと思います。クラウドツールやPCまで補助対象になった点が中小企業にはよい拡充かと思います。

【IT導入補助金とは】
中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。

【補助対象事業者】
詳細は発表されていませんが2021年度までは「中小企業・小規模事業者」でした。資本金や従業員数(常勤)によって中小企業・小規模事業者かどうか定義づけられています。例えばサービス業であれば資本金5000万円以下か、従業員数が100人以下になります。

詳細:https://www.it-hojo.jp/applicant/subsidized-works.html

【補助対象となる事業】
1.日本国内で実施される事業であること。
2.IT導入支援事業者が登録するITツールを導入する事業であること。

【令和3年度補正予算におけるIT導入補助金の拡充内容】
●会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフトに補助対象を特化し補助率を引き上げ
・補助率を1/2から3/4に引き上げ(補助額~50万円以下)
・補助率を1/2から2/3に引き上げ(補助額50万円超~350万円)

クラウド利用料を2年分まとめて補助
グループウェアCRM、MAツールなど、顧客管理や社内コミュニケーションで昨今導入が進むクラウドツールの利用料が最大2年分補助されます。

●PC・タブレット、レジ・券売機の購入を補助対象に追加
・PC・タブレットについては、補助上限額10万円、補助率1/2で支援。
・レジ・券売機等については、補助上限額20万円、補助率1/2で支援。

●複数社連携IT導入類型の創設
地域DXの実現や生産性の向上を図るため、複数の中小・小規模事業者が連携してITツール及びハードウェアを導入する取組が支援されます。消費動向分析システム、AIカメラ等も補助対象となります。

詳しくはこちら
https://mirasapo-plus.go.jp/infomation/17365/?utm_source=202201251031&utm_medium=mm&utm_campaign=realtime

補助金を始め、中小企業のカネに関する問題を解決するのがトリプルバリューの強みです。先日ご紹介した事業再構築補助金を始め、不明な点やお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。ワクワークしているスタッフからご連絡いたします。

https://www.triplevalue.jp/contact

【無料ダウンロード】お役立ち資料の無料ダウンロード始めました

こんにちは、トリプルバリューの山本龍太です。
 
最近、研修のご相談が非常に増えています。ご相談のきっかけをお伺いすると「商品やサービス自体はテクノロジーの進化によって差別化が難しくなってきた。最大の差別化要因が人であり、それがより顕著になってきたから。」というお答えが何件も聞かれました。
 
どういった方向性で研修をするかは企業様によって違います。
・発注さえいただければ期待に応えるだけの体制は整えたので「営業スキル」を上げたい
・管理職の刷新にあたり、その候補者に「経営やマネジメントの定石」を身につけさせたい
・2年目最後の研修として「3年目に向けたマインドセットをしたい
 
私たちはこういった企業様のご要望に応じて、様々な研修をご用意しております。その資料の一部をご紹介し、イメージを膨らませていただくべく、お役立ち資料ダウンロードページを作りました。特に「現場で使えるフレームワーク集~事業戦略立案編~」は複業メンバーの力作で、数十ページある中一部を無料でご覧いただけるようにしています。

www.triplevalue.jp

まだ3つだけですが、今後も随時アップしていきます。
 
前述のようなはっきりとしたニーズをお持ちの企業様から、とりあえず課題発見から一緒にしてほしいという企業様までご相談は様々です。私たちは企業様に寄り添って、一つ一つ状況を把握しながら研修提案を行っております。ぜひお気軽にご相談ください。ワクワークしているスタッフからご連絡いたします。

www.triplevalue.jp

【新入社員研修】自分で考え、行動する社員を育てる研修

こんにちは、トリプルバリューの山本龍太です。

 

4月に入社する新入社員の研修に昨年末あたりから準備をされている企業様も多いかと思います。私たちにも各企業様から新入社員のビジネスマナー研修などのご相談があります。しかし、ご相談の中には

・マナー以外にもビジネス的な思考を早く持ってほしい。

・新人のころから自己肯定感や自己有能感を育みたい。

・自分で考えて行動する社員を育てたい

といったマナーより一歩先のご要望も多くあります。

 

そこで、トリプルバリューでは「今までの新入社員研修に+α」をキャッチコピーとして、思考法、コミュニケーション法、価値観を知るワークショップなどを盛り込んだ3つの研修をご用意しました。

 

1.講師派遣型研修

企業様の状況に応じてカスタマイズ可能な研修です。

「論理思考」「コミュニケーション法」「交渉術」「価値観ワーク」など今までの新入社員研修の枠にはまらず、本当に必要な研修をご提供します。

https://www.triplevalue.jp/lp202001

 

2.4-5月公開型新入社員研修

4月27日(水)と5月13日(金)に、両日とも4名様限定で行う研修です。お一人様5,500円(税込)と安価な料金設定にしており、参加していただきやすくしております。両日とも同じプログラムで行いますので、ご都合のよい日に参加していただければと存じます。

https://www.triplevalue.jp/lp202003

 

3.プレ新入社員研修

3月20日(日)、3月23日(水)に、両日とも4名様限定で行う研修です。入社前に社会人としての心構えや、基本のビジネスマナーを身につける研修です。入社前に社会人としての自信をつけたい方にピッタリの研修となっています。エンゲージメントカードplusの代金込みで3,500円(税込)と参加していただきやすい価格となっています。

https://www.triplevalue.jp/lp-training-pre

 

「もっとワクワークする世の中を!」をモットーにトリプルバリューは新社会人がワクワークできるようにサポートいたします。ぜひお気軽にご相談ください。ワクワークしているスタッフからご連絡いたします。

 

www.triplevalue.jp

【11月3日(水・祝)】エンゲージメントカードフェスティバル開催

こんにちは、トリプルバリューの山本龍太です。

 

今だからこそ、これまで誰かのために頑張ってきた自分に「ありがとう」と感謝を感じてほしい。そして、明日からまた頑張ろうと思えるような、そんなホッとした時間、安心した時間をつくっていただきたい。
そんな想いで「エンゲージメントカード フェスティバル」を企画いたしました。

f:id:triplevalue:20211013090119p:plain

peatixからお申込できます。参加費はなんとワンコイン(500円)

https://engagemantcard-fes.peatix.com/


エンゲージメントカードを使ったカードワークは、自分の大切にしている価値観を88のカードの中から選び、自己理解と自己表現のプロセスの中で、これまでの経験と自分とのつながりを知り、自分らしく生きる自己肯定感や自己効力感を高める効果が期待できます。

 

当日は「キャリア迷子の部屋」「ガチで現在の仕事・ビジネスと向き合う部屋」などに分かれて、現在の課題感が近い方と価値観を共有し、自己認識を深め他者の価値観にも触れる時間をメインに取りたいと考えています。

エンゲージメントカードはこれまで、ビジネスパーソンや、教職員、学生、子育て中の方など多くの方にご活用いただいております。
当イベントはエンゲージメントカード現品もしくは、無料オンライン版でご参加いただけます。

皆さまのご参加お待ちしております。
https://engagemantcard-fes.peatix.com/


↓↓エンゲージメントカードをもっと知る↓↓

https://engagement-card.com/


■■■概要■■■
日時:2021年11月3日(火)祝日 10時〜12時30分 その後希望者のみで懇親会
形式:オンラインzoom
講師:株式会社トリプルバリュー
   代表取締役 山本龍太(カード考案者)

■■■プログラム■■■
開講
1、『幸せ視点の経営学
  ・ポジティブ心理学ウェルビーイング、エンゲージメントを味合う
   今だからこそ「幸せとは何か?」を考える

2、エンゲージメントカード体験ワークショップ
  ・自己理解から自己効力感を高めるステップ
  ・自分にとって大切な7つの価値観を選ぶ
  ・自己を表現する

3、シェアリング
  ・エンゲージメントカード体験での気づきの共有
  ・質疑応答

閉会

※エンゲージメントカード現品もしくは、無料オンライン版(一人でプレイ)をお使いいただきます。
↓↓エンゲージメントカード「一人でプレイ」↓↓

https://single-play.engagement-card.com/

 

 

【寄付報告】エンゲージメントカードで、次代を担う子ども達がワクワク働ける社会の実現を支援

私たちはエンゲージメントカードの販売1個に対して一定額の寄付を行うプロジェクトを2020年4月より実施しており、これまでの累計販売数量に2,500個の販売により特定非営利活動法人Learning for All と一般社団法人Earth Companyへ、計250,000円を寄付いたしましました。

私たちが発売している「エンゲージメントカード」は88枚のさまざまな価値観が描かれたカードを噛み締めながら自分と対話をすることで自己理解を深め、チームメンバーとシェアしあう事で他者理解に繋がるカードです。このカードはMakuake(クラウドファンディング)やECサイトを通じて2020年4月から2021年7月の期間で、累計2,500個をご購入いただきました。

  • 寄付の目的

私たちはエンゲージメントを高め、ワクワークする(ワクワク働く)人を増やして世の中の生産性と幸福度を高めたいという想いから『エンゲージメントカード』をお届けしていますが、将来的には次代を担う子ども達にも私たちの理念を伝えていきたいと考えています。ただ、それは私たちだけの力ではそれは難しいため、購入いただいた金額の一部を次代を担う子どもを支援している団体への寄付という形で実現をしたいと考えました。これは購入いただいた方への感謝の気持ちの次代に繋ぐ「恩つなぎ」であると私たちは考えています。

  • 寄付先の選定理由

私たちの理念を次代に繋げる「恩つなぎ」の実現するパートナーとなる団体が、特定非営利活動法人Learning for All と一般社団法人Earth Company です。この2団体の共通点は、未来を担う子ども達の学びや成長を支援をしている点です。

Learning for All は子どもの貧困の本質的な解決を目的とした団体です。学習支援からスタートし現在では、一人の子どもが自立するまで、地域で連携して幅広くサポートできるモデルの構築に向け活動している団体です。



Earth Company は「この地球は、先祖から継承したのではなく、私たちの子供たち、子孫から、借りているのである」という考えを大切にし、未来の子どもたちにより良い地球を残そうとしています。
 

この2団体への寄付を通じて、購入いただいた皆様への恩を未来の世代につなぎたいと私たちは考えています。

  • 寄付先からのコメント

寄付先である特定非営利活動法人Learning for All からは次のようにコメントをいただいております。

「困難を抱える子どもや家庭の状況に強くご関心を寄せていただき、そして私たちの『子どもの貧困に、本質的解決を。』というミッションに共感し、ご支援いただけたことに大変感謝しております。寄付金については、学習支援・居場所支援などを通じて子どもたちが社会に羽ばたくための支援資金として使わせていただきます。」
 

  • エンゲージメントカードの概要

私たちはエンゲージメントを高め、ワクワークする(ワクワク働く)人を増やして世の中の生産性と幸福度を高めたいという想いから『エンゲージメントカード』をお届けしています。

エンゲージメントカードは、『自分らしさ』と『チームらしさ』を発見することができるカードです。 チームで価値観を共有し合うことにより、相互理解が深まり、信頼関係と心理的安全性が確保され、エンゲージメントが高まります。

https://engagement-card.com/

    【ウェルビーイング】沖縄はなぜwell-beingなのか?その1

    こんにちは、トリプルバリューの山本龍太です。 

     

    私たちは「もっとワクワークする世の中を!」をスローガンに、働きがい改革を進めています。その一環として「ウェルビーイング」に関するメルマガをお届けしてきましたが、今回はトリプルバリューの事務所もある沖縄についてです。

     

    沖縄といえば「幸せな人が多い」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

    しかし、都道府県別幸福度ランキングは調査団体によって順位が異なり、日本総合研究所の調査では沖縄県はトップ5どころかトップ10入りもしていません。しかし、ブランド総合研究所の調査では沖縄県は一位です。なぜこのような違いが出るのでしょうか。

    f:id:triplevalue:20210901170836p:plain

    これは調査の仕方によります。日本総合研究所の調査は「仕事」「教育」「健康」「文化」「生活」の5分野の指標50項目、追加指標20項目の計75項目を分析した結果です。いわゆる定量的かつ総合的に幸福度を測ったものです。一方でブランド総合研究所の調査は「あなたは幸せですか」と聞いて単純にそうだと答えた率を集計しており、ある意味では定性的調査の結果です。客観的幸福と主観的幸福の違いかもしれません。

     

    どちらの幸福にも優劣はありませんが、私はこの沖縄的な幸福度に非常に興味を持ち「なぜ沖縄の人は幸せなんだろう」と考え、以下の5つが要素として大きいのではないかと考えました。(オリパラにちなんで5つです^^)

    f:id:triplevalue:20210901170910p:plain

    1つ目の「なんくるないさー」ですが、「なんとかなるさ」という楽観的な思考として理解されている方が多いかもしれません。しかし、これは利他の精神なのだと私は考えています。つまり、「世のため人のために普段から行動していれば、困った時でもなんとかなるさ」という考えです。実際、他人に親切にすることが幸福度を高めるという調査結果もあるようで、沖縄県人の幸福度に大いにかかわっているのではないかと思います。

     

    2つ目は「模合」です。「庶民金融」とも言われ、 毎月、メンバーでお金を出し合って資金を積み立て、半年に一回、ないしは一年に一回、「親」が回ってきたら、そのお金を総取りできます。 月一で集金するついでに「飲み会」を行う文化が模合です。これは自分の親が終われば逃げることもできるわけですが、そのようなことは起こりません。ここには「信頼」があるからです。人から信頼される、そして信頼できる人がいるのも幸福度に直結するのだと思います。

     

    あと3つ残っていますが、次回お話できればと思います。

     

    どの指数で従業員の幸福度を測るかは企業によって様々ですが、トリプルバリューはこの沖縄的幸福度を上げることを得意としています。幸せだと感じながら働く従業員を増やしたい企業様はぜひご連絡ください。企業様にあった研修や評価制度の構築はトリプルバリューの得意とするところです。下記のフォームへ入力いただければワクワークしているスタッフからご連絡いたします。

    https://www.triplevalue.jp/contact

    【キャリアシリーズ】成功するシニア人材の3つの力とは ~キャリア・シフトチェンジのすすめ~

    みなさん、こんにちは。トリプルバリューCCOの千葉裕子です。
    新人、若手、ミドルと続いてきたキャリアシリーズも、いよいよシニアになりました。
    自分の年齢に限らず、人生100年時代の生き方、働き方を見通すことで中長期的なキャリア戦略が立てられます。ぜひ、最後までお付き合いください。
     
    令和3年(2021年)4月、改正高年齢者雇用安定法の施行により、事業主には「65歳までの雇用の確保(義務)」「70歳までの就業確保(努力義務)」が課せられました。法律ですから、あまり楽しいことは書いてありません。「少子高齢化が急速に進行し人口が減少する中で、経済社会の活力を維持するため、働く意欲がある誰もが年齢にかかわりなくその能力を十分に発揮できるよう、高年齢者が活躍できる環境整備を図る法律」だと記載されています。
     

    参考:厚生労働省_高年齢者雇用安定法改正の概要(PDF)

     
    企業側にとっては、シニア人材をうまく活かせるかどうかは競争力に直結する課題ですね。これからは社員の2~3割が60歳以上の高齢社員という労務構成を前提に人事戦略を考え、今から実行する必要があるでしょう。
     
    一方、シニア人材の活用には根深い問題があると感じている方も多いのではないでしょうか。
     
    ・かつての部下が自分の上司となる
    ・給料がこれまでの半分になる
    ・慣れない事務作業を行わなければならない などなど
     
    こうした現実とどう向き合うのかは、シニア当事者のキャリア意識の問題でもあります。
    会社の処遇を嘆きぼやきながら働き続ける方が多い職場を見ると、本当に胸が痛みます。気力や体力等の衰えを自覚し始める年齢でもあり、事実を受け入れて前向きに適応するのが口で言うほど簡単ではないことは容易に想像できます。それでも、そのキャリア課題に向き合えたら今の組織で重宝がられるシニア人材として働き続けることも十分できるでしょうし、新たな可能性を模索したいと思えば、社内異動転職独立起業などに挑戦することもできるでしょう。55歳でポストオフしたとしても70歳まではまだ15年あるのですからー。
      
    会社から言い渡される条件やポストを待つのではなく、自分のキャリアを自分で選べる選択肢を持った生き方ができるように、今から自律型のキャリア開発に取り組んでいきたいですね。
     
    ■成功するシニア人材の3つの力
    そこで今回は「キャリア・シフトチェンジ」という 中央職業能力開発協会(JAVADA)のプログラムから、成功する“かわいい高齢者”の3つの力をご紹介したいと思います。
      1. 気持ち切り替え力(態度)
    過去の成功体験を思い出に変え、新しい環境における自分の新たな役割に対して前向きに取り組める力。「気持ち切り替え力」のある人は、何でも否定から入らず、肯定的な言葉を口にして、まず何でもやってみるポジティブでセルフコントロールができる人です。
     
    2. ヒューマン・タッチ力(行動)
    社会的スキルで、社内外で水平的な人間関係を形成できる力。「ヒューマン・タッチ力」に長けている人は、新しい職場でも新たな人間関係を構築することができ、結果として組織に対しても良い影響を与えることができます。
     
    3. お一人様仕事力(スキル)
    テクニカルスキルの側面で、人に頼らず仕事を遂行できる力。「お一人様仕事力」がある人とは、自分で手を動かすことができる人です。特に役職に就いていた人の中には、部下がいないと何もできないという方が多いはず。Excelで資料が作れるとか、オンライン会議に自力で参加できるとか、そういったスキルを若い人から謙虚に学んで、身に付けていくのです。
     
     
    シニアの存在がこれほど大きくなっているにも関わらず、シニアのキャリア開発は手を付けられていない企業がほとんどではないでしょうか。経営・人事の方には、すぐに対策を講じてもらいたいです。もし、ミドル世代以上の方で会社に研修プログラムがないなら、手遅れにならないように、ぜひ自分で動いていただきたいと思います。
     
    人生に定年はありません。老後も余生もないのです。
    ポストオフ後だって定年退職後だって、ちゃんと自律的にキャリアを開発しておけば、生涯現役の生き方ができるはずです!未来の自分の幸福は、今の自分が決めるのです。
     
    トリプルバリューでは、本文内でご紹介した中央職業能力開発協会(JAVADA) の「キャリア・シフトチェンジワークショップ」のプログラムをご提供できるほか、貴社に合わせたキャリア開発プログラムの設計も承れますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。ワクワークしているスタッフからご連絡差し上げます。

    トリプルバリューのキャリア開発プログラムを詳しく知る